コラーゲンが豊富な食品

コラーゲンが多い食品は肉や魚に多いです。手羽先や魚を煮て冷めると、汁がゼリー状にかたまる状態となる事があります。これがコラーゲンで、煮て調理してしまうと汁に流れ出してしまうため、調理方法も気をつけてみましょう。
コラーゲンが多い食品は、牛すじ・手羽先・鳥軟骨・カレイ・フカヒレ・すっぽん・アンコウなどが良いとされています。どの食品も煮ることでゼリー状の汁が出来ますが、それがコラーゲンが多い証拠です。煮汁にコラーゲンが溶け出しても、汁と一緒に食べることができる料理方法を選んでみて下さい。煮物では汁が余ってしまうため、効率よくコラーゲンを摂取できません。スープにして汁も一緒に飲むことができれば、食品に含まれるコラーゲンは効率よく摂取できるようになります。煮物にする際にも、煮こごりも一緒に食べられるよう、味付けを工夫してみるのもおススメです。冷やし固めてゼリー状の部分も一緒に食べるようにすると効率的です。
肉類にはコラーゲンを含む食品が多いのですが、全ての肉でコラーゲンが多いわけではありません。アミノ酸は豊富に含まれていますが、コラーゲンに関しては多く含まれている種類は特定のものとなります。骨に近い場所は比較的多く含まれています。

Copyright(c) コラーゲンの効果について. All Rights Reserved.