血管にも影響するコラーゲン

コラーゲンと言うと美容効果を優先することが多いようですが、体の様々な箇所に含まれる成分で、老化とも密接な関係を持っています。コラーゲンを摂取する際には美容効果だけでなく、健康面を考えて摂取する方法もおススメです。血管はコラーゲンが多い部分で、血管の弾力を保つためには欠かせません。
年齢と共に血管の弾力が無くなりもろくなってしまうのは、コラーゲンの不足と関係しています。体の中にあるコラーゲンは年齢ともに減少する傾向があり、加齢とともに血管も老化してしまいます。不足しているコラーゲンは外から補い、血管年齢を保つようにすると良いでしょう。
血管の柔軟性がなくなってしまうと、高血圧となり血流が悪くなってしまいます。血液がドロドロになって、血栓ができ、動脈硬化を引き起こします。血管にコラーゲンが十分あると、柔軟性があって自由に伸び縮みする事ができます。血流に合わせて変化するため血圧は上がりません。しかし、血管に弾力が無くなれば強い血流に耐えられなくなり血流がどんどん低下していきます。年齢ともに高血圧になりやすかったり、動脈硬化を起こしやすくなるのもコラーゲンと関係があるのです。
美容面だけでなく、体の健康対策としても一定の年齢になったら、コラーゲン摂取がおすすめです。

Copyright(c) コラーゲンの効果について. All Rights Reserved.