生コラーゲンとは

スキンケア商品の中で見かけることがある、生コラーゲン。他のコラーゲンとどう違うのでしょうか。生コラーゲンという名前から、新鮮でより効果があると感じてしまいますね。実際はどうなのか調べてみました。
通常スキンケア商品に含まれているコラーゲンは、加水分解コラーゲンというものが多いようです。コラーゲンはそのままの形では吸収しにくいため、分解して吸収率をアップさせたものということです。一方生コラーゲンは三重らせんを持っており、人が持っているコラーゲンと同じ構造だと言われています。他のコラーゲンと異なり、保水力が高くなっています。特に肌が乾燥しがちな方には有効なコラーゲンだと言う事ができるでしょう。
スキンケア商品を比較してみると、生コラーゲンという商品は少なめです。そのままの状態を保つためには、熱を加えないことが条件となります。熱を加えずコラーゲンを精製させるのは難しく、消費者の下へ品質を低下させず届けるためには、色々な工夫が必要なのです。多くの場合は三重らせん構造が崩れた状態で、消費者へ届けられています。体への効果が高い生コラーゲンですが、品質を保つことが難しく、あまり商品の数としては多くありません。

Copyright(c) コラーゲンの効果について. All Rights Reserved.